読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

【厨二病の極み】トランプさん就任したので「世界征服」の方法を本気で考えてみた。

どうもリオンです。

 

 

…突然ですが、あなたは世界征服したいと思ったことはありますか?

僕はあります。

 

 

なんなんですか。この響き、言葉。

何とも言えない高揚感。

男なら一度は憧れるスーパーパワーワード!

 

アメリカでは、いかにも独裁者という雰囲気が合うトランプ大統領が誕生しました。

彼の周辺には、最強の布陣を整え、理想に向けて爆進中といったところでしょう。

 

今回は「世界征服」を本気で実現するならどうするか?

考えてみました(めっちゃワクワクする!!)。

 

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)

 

 

実現するまで続けられるか?

 

さて早速、現実的な話から入りますが、「世界征服」となると、過去の歴史上実現した人がいないという世界最高難易度をほこります。

 

だからこそ、ロマンがあるのですが、マジレスすると「実現するまで飽きずに続けられるのか」、それが問題です。

 

正直な話、僕は「世界征服」とは本気で実現可能な物事として捉えています。

しかしそれは、実現するまでやり続けられた場合に限るのです。

当たり前です。

起業にしても、スポーツにしても、全てにおいて一生それをやり続けられるくらい「好きなこと」「ハマること」をやらねば、上場やオリンピックという舞台には出られないのです。

 

ということは……?

 

まず一生続けられるくらいハマることを見つけなければならない。

 

これです。あなたが一生やっていけそうなことを上手く生かして、世界の上位のレイヤー(層)に上っていくのが最短距離に違いありません。

 

何のためにトップレイヤーを目指すのか?

 

どんなにあなたの頭が悪くても、「世界征服」を実現するのに「優秀な仲間」が必要なのは言うまでもありません。

 

あなたがトップレイヤーに上り詰め、トップクラスの人材を仲間にする

 

これが目的です。いくらあなたが崇高な志や、天才的に恵まれた才能があったとしても、1人は無理です。絶対無理です。超能力があっても100%無理。

 

だけど、優秀な仲間があと4,5人くらいいるだけで、かけ算方式で成功確率が上がります。もちろんその優秀な仲間とは、世界的大企業の代表とか、国連の管理職とかそのレベルですが。

 

人脈が、鍵を握ります。

 

…ちなみにですが、世界征服に最も近いビジネスの世界で、トップレイヤーに上り詰めずに優秀な仲間を集めた人はたくさんいます。最たる例がスティーブ・ジョブズです。 

 

 最近のトランプ大統領ですと、小さな政府を目指すべく閣僚を最恐の布陣で固めています。恐ろしい……

 

(参考:町山智浩 トランプ政権の閣僚の顔ぶれと選考基準を語る

 

有力手段は2つ

 

僕が考える「世界征服」の有力手段は2つあります。

まず1つ目は、資本主義社会のトップに上り詰めることです。

 

非常にシンプルですね。

 

(参考:資本主義の攻略法はわかっているから、あとは淡々とやるだけ。 : まだ東京で消耗してるの?

 

ビジネスで世界トップを狙うのは、貪欲に行けば不可能なことではありません。

ビル・ゲイツだってあれだけの資産を持っているわけで、一国以上の影響力を持っていることは間違いありません。

 

2つ目は、世界中の人が利用するインフラをつくることです。

 

これはイメージしにくいかもしれません。

皆さんはSNS、何を使っていますか?Twitter?それともFacebookですか?

例えばFacebookだと、2016年には、17億人を超えています。

 

17億人ですよ?中国が1位で13億人なんですよ?

世界最大の国家といっても間違いではありません。

これは世界征服に最も近いと言っても嘘ではないですね。

 

ITサービスは、今や最も世界中で使ってもらいやすいものです。

こちらで勝負するのは、「世界征服」に最も近い手段かと思います。

僕も、世界のインフラになるものを作りたいなと思っていて日頃考えています。

 

ブロックチェーンなどは、インフラとして今後利用されていくでしょうね。

 

(参考:19歳の僕が、2017年にやりたい事と計画を、超詳細に立ててみた - 世界変えちゃう?

 

(参考:「ブロックチェーン」を2分で理解できるムービー - GIGAZINE

 

 これ以外の手段は…?

これ以外の手段が思いついた方も多いかと思います。

僕が想像した限りでは、あまり公言することは避けることにします。

合法で征服しましょう。

 

ブラックアウト 上 (角川文庫)

ブラックアウト 上 (角川文庫)

  • 作者: マルク・エルスべルグ,猪股和夫,竹之内悦子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/07/25
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 46回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 

 

「世界征服」には何が必要か? 

 

優秀な協力者を集めることや、自分自身が世界のトップレイヤーに上り詰めることが大事だと書きました。

 

しかしそこまで上り詰めるにも、たくさんの必要な知識や能力はあるでしょう。

 

まず「人から信頼される能力」です。

多くの人から信頼され、応援される人物だからこそ、多くの力を集めるのです。

 

また「今の社会を動かしているルールに関する知識」。

これは非常に重要。法律や慣習、文化、国際情勢など、現状の社会でトップになれない者は、次の世界でもトップになれません。

 

まず今の社会で最も強い権力者となり、自分がそのルールを変えていくのです。

そのためには、持続可能なルールが必要になります。

 

今の社会を維持し続けたルールは大いに参考になります。勉強しましょう。

 

 

最後に、「カリスマ性」。

これは天性のものが関係しているかもしれませんが、必要なものです。

「この人についていきたい」、「この人なら応援したい」と本気で思わせるような人でなければ、征服しても敵を増やすだけです。

 

ナポレオンやヒトラー、起業家でもスティーブ・ジョブズなどの起業家など

カリスマ性、リーダーシップが素晴らしいために、世界に大きく影響を与えたのです。

 

僕が考えるに、ある種、自分という名の宗教の信者を増やすのが、カリスマ性であり人を惹きつけるということです。

 

自分教を増やしましょう

 

 

歴史上最も世界を支配しているのは、神という名の思想、キリストという存在、ブッダ、アッラーです。

 

最終準備

ついに、あなたは世界トップレベルの能力と人脈、仲間、そして信者を集めました。

ここで大切なことを。

 

あなたの信者たちは、一箇所に集めてはいけません。

 

元来、権力などは一箇所に集めて管理したり、団結するのがミソでした。

しかし現実は、まとまったものは淘汰されやすのです。

 

僕個人の持論だと、権力は集中させてはいけません。

 

分散させるのです。

 

これはリスクを下げるためです。

 

起業やフリーランスの生存戦略と語られやすい話ですが、収入源が固定して1つなのは、それに依存した状態ということです。

 

つまりその1つが潰れてしまえば、たちまち自分の頼る先がなくなってしまいます。

ですからリスクは分散させましょう。

 

自分の信者はできるだけ世界中にばらけていた方がいいでしょう。

これが可能になるのは、テクノロジーの力が為せる技です。

 

 

 

…さてこれで準備は整いました…と言いたいところですが。

ここまで簡単に「世界征服」の方法を本気で考えてきました。

 

しかしあなたの「世界征服」の目的とは一体なんですか?

 

それはあなたや、あなたの周りの愛する人が幸せになることなんでしょうか?

何より大切なのは、そこではないのでしょうか?

 

 

もしあなたが「世界征服」をすることによって、あなたの世界が、愛する人たちの世界が明るくなるなら、僕は止めません。

 

僕は、何よりも大切なのはそこではないかと思います。

 

「世界征服」は誰のためにやるのか?

 

多くの人は見逃してしまうでしょう。本当に大切なことを。

だから誰も成し遂げていないのかもしれません。

 

世界征服」によってあなたが理想としている世界は、本当は達成されないかもしれません。

それがわかった時は、あなたはどうするのでしょうか?

 

あなたが多くの信者を持ち、仲間を持っているなら、彼らのために何かすると良いでしょう。

結局「世界征服」を不可能にしているのは、人間の心なのではないかと思ってしまします。

 

でもこうして妄想してみるのも楽しいなと思う冬の夜。 

 

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)