読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

【転載】「アイドル / 川崎実祐」という衝動

どうも、リオンです。

過去に別の個人ブログで書いた推しへの熱い(そしてイタい)記事を、転載します。尚元あったブログは削除してしまいましたのでご了承ください。

 

_____________________________

 

それは突如としてやってくる

3月8日、ひょんな事から見に行った赤坂BLITZのライブ

 

18ものアイドルグループがパフォーマンスを披露するフェスで

一際目を惹くグループを見つけた

 

いちごみるく色に染まりたい。

一見固有名詞と判断しにくい名前である

 

「いちごみるく〜を応援してます」と表立って言うのには勇気を要しそうだ、

なんて想像を巡らしていた。

すると彼女はステージに立っていたのだ、川崎実祐17才である

 

「見つけてしまった」それが適切かもしれない

 

それは突如としてやってくる

僕は、今後その17才の少女に翻弄されていく様が容易に想像することができた

ただ川の流れに逆らうより、そのまま流れてしまう方が当然ながら易しい

 

彼女の何がそうさせるか

 

f:id:makesfun1170:20170323021912j:plain

(参照:TOKYO IDOL NET

 

まず「かわいい

肩に届くか届かないくらいの髪の長さが、またかわいい

 

TOKYO IDOL NETのカメラマンさんの才能もその内かもしれない

だが、どんな言葉をもってしてもかわいい以上に魅力を表すことができない

そんな非言語的な魅力をもっていると思う

 

ところで僕が彼女に魅力を感じるのは、また別である

f:id:makesfun1170:20170323022820j:plain

(参照:TOKYO IDOL NET) 

彼女の表情には、どこか「寂しさ」「悲しさ」があるように感じてしまうのだ

 

またその佇まいは、時間の流れのズレを感じさせる

なにか懐かしく、甘酸っぱいなにか、その正体はわからない

 

ただわかるのは、その感情は今の僕にとって心地よく、それでいて

感情のざわめきを呼び起こす、

そんな心の様相をうまく表している曲をここにのせておこうと思う 

https://youtu.be/BWqLQFksviI

 

それらは川崎実祐という人物に興味をもつ大きなきっかけになった

 

 

ツキの良さ 

 

3月21日、秋葉原の定番ライブハウスTwinBoxに僕はいた

 

僕は、そのざわざわした心をなだめるのに必死だったため

手っ取り早く会いに行ってしまおうと考えたからだ 

 

なんてったってハロプロライブ vol.10

https://leadi.jp/14398

 

ハロプロは決して詳しくない、知っていても

Juice=Juiceくらいのレベルだ

そんな中、1人の少女のために行くとは中々ドラマチックではある

 

イベント中は、とにかく視線の先にはみゆちゃん

そしてあっという間に、物販特典会の時間になってしまった

 

諸事情で特典会は逃してしまったが、帰り際にどんぴしゃり

無料ハイタッチ会の開催が急遽決定 

 

出口に足を通そうとする様子を悟られたのであろう

幸運にもツキの良さを発揮した(こう云う時こそ褒めてあげたい)

 

スタート

 

これは僕にとって、アイドル・川崎実祐との最初の接触だった

ハイタッチ時に向かい合うと、手を合わせた後僕の指の間に、指を入れ込んできた

 

すっかり僕は心を奪われてしまった、シンプルイズベスト

彼女のことを僕はまだよく知らない

 

だけれども彼女が魅力的で、人を惹きつけるのは間違いないと思う

そこで、僕は彼女の存在を誰かに伝えたい衝動に駆られた

 

そう云うわけで僕はこの記事を書いたのだ

 

後付けにはなるが、17才といえば一般的にアイドルの華と呼ばれる

アイドルと17才で、僕はこの曲を連想した

https://youtu.be/LMBo8dIXxQc

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここまで、お読みいただきありがとうございます。

言語化したいことはたくさんあります

だけど、まず「川崎実祐」と云う存在を知ってもらいたいと

思いましたので書かせていただきました。

 

本人や長くのファンは、そうでないと感じる点も多々あるでしょう

それらは僕も時間を塗って、知っていきたいと思っています。

 

どうかこの記事が多くの人に届くことを祈って。 

 

__________________________________________________________

 

ということでぜひこの機会に知っていただけたらと思います。彼女絶対売れると思ってるので!!