読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

アイドルをプロデュースする運営が意識すべき事項まとめ

 

f:id:makesfun1170:20170106215827p:plain

2016年12月、矢野経済研究所が毎年発表する「オタク市場」調査結果によると

2015年度のアイドル市場は1550億円となり、前年度比30.7%増と拡大傾向にあります。またアイドルオタクの年間消費額も、全オタクの中で最も高かったことは、ご存知でしょう。

年間消費額には賛否両論ありますが、アイドル界に希望を持つものも少なくなく、アイドルプロデュースに参画する意欲のある方もいらっしゃるかと思います。

今回はアイドル運営の方々にお伝えしておきたいことをまとめましたのでご覧ください。

筆者自己紹介 

筆者は3年以上メジャーから地下まで幅広くアイドルを応援し、3つのアイドル運営に関わった経験、アイドルメディア(本メディアと別)の立ち上げ経験があります。

また蛇足ですが、劇団や芸能関係のレッスンを受けていた経験もあるので、タレント側の気持ちも多少理解できます。

現在は都内のベンチャー企業で働きながら、アイドルメディアの運営とアイドル関連の新規事業の立ち上げを計画中です。

 

では以下よりまとめていきたいと思います。

1. タレントの人生に責任を持つ

アイドルグループをプロデュースする運営する上で最も重要なものは何でしょう?

それは「アイドルであるタレント」 です。

これは揺るぎない事実であり、いくらプロデュースする企画が優れていたとしてもです。タレントを酷使することも、まだ若いからという理由で給料を払わないのもあるまじき行為でしょう。

まずタレントを採用する時点で、彼女らの人生な貴重な時間を投資していただいてる事実を再認識してください。

運営は、アイドルを売り出すための戦略を考えるのと同じくらい、アイドルタレントの人生に最も実りのある育て方をする責任があります。

ビジネスとして彼女らは商品ではありますが、彼女らは、また人間でもあることを忘れないようにしましょう。

 

2. ユーザー思考を叩き込む

アイドル運営には大きく2種類ありまして、大手事務所か中小事務所です。後者の運営の特徴としまして、趣味で始めたものや新規参入が挙げられるでしょう。

アイドル運営ビジネスは参入障壁が低いうえに利益率が高いためです。

この項目は主に後者へ向けて書いていますが、趣味等で始めた人ほど自分のつくりたいものをつくる傾向にあります。

ですが、アイドルを応援するのはあなた(運営)ではなくて、アイドルオタクです。ですからアイドルオタクが喜ぶ経営企画が求められます。

 

ビジネスの本質はユーザーのことをどれだけ考えられるかです。アイドルオタクの気持ちを理解してないアイドル運営は多いので、こちらも後日記事に挙げます。

 

3. ビジネスモデルを定める

アイドルをプロデュースする上で重要なのは収益化(マネタイズ)です。当然のごとくお金がなければ続けることはできませんし、スケールさせることもできません。

そのためにあなたの運営するアイドルは、どの部分でマネタイズするか明確に定めていきましょう。

主要なものとしては、握手会モデル、ライブモデル、物販モデルが挙げられます。またWeb上でも可能です。これらの中でどのビジネスモデルを中心に、収益を挙げていくか定める必要があります。

これは今後の経営計画にも影響していきますので、現在の状況から最適なモデルを選択しましょう。

 

4. アイドルと運営の目標について考える

まず大切なのはアイドル運営は、アイドルを導く存在でなければならないということです。僕は、アイドル運営はインキュベーターのようなものだと思っています。

アイドルになりたてばかりのタレントは、自信がないことが多々あります。まずは自信を引き出し、その後でどんな未来へ向かいたいかを模索していきます。

その中でアイドル運営は経営として、どれだけマージンをとりその目標に向かっていくかが最も良好な経営戦略です。

 

5. ルールはしっかり決める

これまでアイドルタレントのための項目が中心でしたが、思春期のアイドルタレントは多感で自立ができていない子も多くいます。

彼女らを上手くマネジメントするには、アイドル活動が「遊び」や「部活」との線引きを明確に示すべきです。

それには契約書によるタレントが理解しがたい書式上だけではなく、タレントのわかりやすい言葉で示しましょう。あなたの運営方針が恋愛禁止であるならば、その旨をしっかり明記し、ルールを破った際は契約破棄などの項目も明記しましょう。

しかしそれだけでは足りないので、タレントとの良好な関係を築く必要があります。それらに関してはまた違う記事で取り上げます。

 

 

最後に

…いかがでしたでしょうか?基本的なことばかりですがアイドル運営にとって大事なことばかり取り上げさせていただいたつもりです。

より詳しく知りたくなった方、経営戦略に役立てていきたいと思って頂きましたら筆者のツイッターアカウントまでご相談ください。

リオン@アイドルを応援する人 (@makesfun1170) | Twitter

 

また別途、アイドル運営者様に対してコンサルティング事業もさせて頂いています。ご興味ありましたら同じくツイッターアカウントのDMからご相談ください。

✴︎DMにはフォローしていただく必要があります。

リオン@アイドルを応援する人 (@makesfun1170) | Twitter