読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

【保存版】ホームレスになりたい人必見!お金をかけず「都内」で寝れる場所まとめ

どうも、リオンです。

今回は、都内でお金をかけなくても、寝れる場所をまとめたいと思います!

ホームレス志望者必見です。

 

 

なぜお金をかけず寝れる場所が必要か?

「お金がないから」「家が必要ない…」「面白そうだから」色々あるでしょう。あなたがお金があり、寝れる家もあるのならば、普通はそんな欲は湧いてこないでしょう。

 

僕の場合、「家が必要ないしそもそもないから」というのと「固定費を抑えたい=別のところに投資したい」という訳です。一度なぜ必要なのか?考えてみましょうね。

 

❇︎(注意)本記事を読み実行に移した際に起きた怪我や事故事件等の責任は、本ブログ及び筆者は負いませんので、あらかじめご了承ください。

 

シェアハウス(リバ邸) 

f:id:makesfun1170:20170430152949p:plain

(参照:http://liverty-house.com/

 

複数の起業、上場、投資、そして今は国内最大規模のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」代表の家入一真さんが、数年前に立ち上げたシェアハウス。

シェアハウス?住むの?と思った方、なら紹介する訳ないでしょうよ。

このシェアハウス「リバ邸」、誰でも泊まりに行けるのです(有料の場所もあります)。日本全国ならず海外にも展開している唯一無二のシェアハウス。住む人だけでなく、コンセプトも面白いです。

 

▽気になった方はこちら

リバ邸総合サイト | 現代の駆け込み寺シェアハウス

 

そんな僕も高校生のときからだいぶお世話になっておりまして、実際に住んでいたこともあります。都内でも安く住めたり、起業家やアーティストなど様々な人生を生きている方々と会えます。

 

例え泊まらずも、刺激的な出会いを求めてる人人生絶賛迷い中の人はぜひ行ってみることをオススメします。きっと面白い人生の方々が人生相談に乗ってくれます。

 

▽参考記事

起業家シェアハウス出身の僕が、「ハイパーリバ邸」という"ブロガー"の巣窟に行ってきた話 - リオンのブログ

 

WWOOF(ウーフ)

f:id:makesfun1170:20170430155711g:plain

(参照:https://www.wwoofjapan.com/

寝れる場所ではないですが……(笑)寝れる方法ですw

 

僕はまだ利用したことがないですが、コンセプトがとても好きなサイトです。

WWOOFとは、有機農家のホストと、オーガニック生活に興味がある人を繋ぐプラットフォームです。

有機農家であるホストと、日本全国・世界各国のウーファーをつないでいます。WWOOFのサイトを通し様々な人と友達になり、その関係性を深化させ、オーガニック生活を知り、新しい知見を得て、価値観の多様性を感じ、自分を向上させていくものです。家族のような気持ちで、何をしたら相手が喜んでくれるかをお互いが念頭に置きながら一緒に短い間生活します。
ホストとウーファーはお金のやり取りはしません。「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換します。

(引用:WWOOF ジャパン - ホーム

 

なんと「食事・宿泊場所」と「力(=農業へのコミットetc)」そして「知識・経験」を交換するという仕組みです。めちゃくちゃ好きですこういうの。

孫は帰ってこないけど、誰か話し相手が欲しいとか、そういうホストが増えれば、居場所のない若者はすごく助かると思うんですけど。

しかもオーガニックライフを実践する人たちのため、健康とかにも詳しそうですしね。

 

年会費が5千円程度かかりますが、激安い投資です。5千円です。移動はヒッチハイクとかで済ませば、1年間5千円で生きられることになります。誰かWWOOFで生きてる方とかいらっしゃるんでしょうか?

 

ただ安く生きたいならこの方法は本当に素晴らしいですね。

 

▽参考記事

日本一周した高校生が書いた失敗しないためのヒッチハイクの教科書 - 僕は僕らしく生きて行く自由があるんだ

 

友人の家・知人の家

f:id:makesfun1170:20170430204024j:plain

 

とりあえず寝る場所がなくなったり、泊まる場所を探すとしたら真っ先に探すであろう、友達の家。その友人との信頼関係によって、家の掃除とかメンテナンス面を請け負う代わりに長期的に滞在させてもらうという手段も可能でしょう。

いつか友達に頼みこむ時が来ることを見込んで、親しい友達を何人かつくっておくことをオススメします。自分は友達が少なかったため、連絡できる友達が限られていて困ったので。

 

野宿

f:id:makesfun1170:20170509172437j:plain

難易度は高いですが、100%お金はかかりません、それが圧倒的メリット。季節や場所によっては寒くて体調に影響を及ぼす可能性もありますから、なるべく普段から野宿できそうな場所をリサーチしておく必要があります。

すでにホームレス活動している方々は、そのような場所に精通していることも多いので、思い切って聞いて見ることもアリです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたが「家が必要ない」「ホームレスになりたい」 など理由はどうあれ家を持たずしても、暮らせる選択肢を知っておいて損はないでしょう。

ぜひブックマークしていただいて、今後の必要な際がありましたら再度ご覧ください。