読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

高卒の僕は、クラウドファンディングで生活資金を稼ぐことにしました。

どうも、リオンです。

f:id:makesfun1170:20161125204616j:plain

最近もっとブログを書きたいけど、書けない日々が続いております。

 

今回は見ての通り、重要なお知らせがありますのでご報告いたします。

僕は、本日11月25日にクラウドファンディングの「CAMPFIRE」さんでファンクラブを開設させていただきました。

 

日頃ブログを書いていて価値を生み出しているか疑問でした。ですが先日の「欲しいものリスト」を公開して数日後お二方から、本を頂くことができ非常に嬉しかったです。本当にありがとうございました。

 

それとともに、インターネットの力に改めて驚きました。僕は、もっと活用していきたいと思いました。

f:id:makesfun1170:20161125213138p:plain

詳しい説明の前に…語句説明

筆者も詳しい知識はありませんが、噛み砕いてご説明させて頂きます。

 

クラウドファンディング:インターネット上で、不特定多数の人に資金調達を募れる仕組み。お金を頂く代わりに、リターンという形でお返しする。通称未来のECサイト

ベーシックインカム制度社会保障の一種。政府が無条件に、生活に必要な額を支給する制度。貧困問題の解決に一役買うと期待されるが、課題も多く、各国政府で検討され、実験国も見られる。

ブロックチェーン技術ビットコインなどの使われる技術。ビットコインでは、管理者や仲介者のいないお金の流通システムを可能にし、銀行の必要性を迫る。

 

なぜファンクラブを開設したのか?

好きな人を応援する」を仕事にして、皆んなが例えるなら、親が子どもを応援するように、オタクがアイドルを応援するように、して生活を成り立たせる。

 

人は支え合って生きている、ということがこれ以上にないくらい感じられる仕組み・サービスを作りたいと思っています。

 

それのヒントになるのが、ベーシックインカム制度クラウドファンディングブロックチェーン技術です。

 

ということで僕が実現したいことに役立つ、最も近いサービスであるクラウドファンディングを実践することにしました。クラウドファンディングサービスの一つであるCAMPFIREは、ファンクラブという仕組みを運営しており、継続的な資金調達を可能にします。

 

継続的な資金調達とは、ベーシックインカムに近い形式です。ですから僕がクラウドファンディングをやって最低ラインの生活費を稼ぎ、あるラインを超えたら他の人を支援する、それが連鎖的に起きて最終的に自分のところへ返ってくれば、永久的にお金が回るのではないかという短絡的な発想で、今回始めさせて頂きました。

 

しかしこれが、僕が中長期的にビジョンを可能にする仕組みをつくる上で役に立つ実験だと信じています。ですので僕の何かしら行動に価値があると感じたら是非支援して頂きたいと思っております。

 

またこれをきっかけに、他の方でファンクラブを始めていただければ連鎖的にお越せば、より実践的な実験になります。ご協力いただける方はよろしくお願いいたします!

 

 

今後詳しい構想や、計画を公開していきますので是非プロフィール欄の読者登録から、登録していただいて情報の共有をしていただければと思います。またクラウドファンディングの方のシェアや支援もよろしくお願いいたします!