読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

ブロガーという世界との接点は、ある中学生との出会いが始まりだった。

どうも、毎日更新ブロガー、リオンです。

初めて来てくださった方はありがとうございます。いつも来てくださってる方もありがとう。今回は僕が、ブログ、ブロガーという世界に本格的に入るきっかけをお話ししたいと思います。

f:id:makesfun1170:20161126194311p:plain

ブログを書くきっかけは、ある中学生を知って 

僕は高校3年の頃は、いわゆる意識高い系の活動をしていました。例えば学生団体の運営とかイベントに参加したりとか。あなたは意識高い系について嫌悪感を持たれるかもしれませんが、僕は今までの偽りの自分から解放しようと、そのきっかけを与えてくれたものでした。もちろんそれさえも偽りだと気づく時が来るのですが…。

 

そんな高校生のときは、発信力を持つ同世代の方々をツイッターでフォローして、とにかく自分の士気を高めるようなことをしていたと記憶しています。

 

有名な方ですと、クリエイティブディレクターで灘高からSFCに行ったTehuさん、高校生ライターで最近ツイッターを再開された黒川祐希さんです。

 

でその関係で意識高い中高生とか、インフルエンサー的な人(今の椎木里佳さん)などをフォローしていたんですけど、その中で中学生でブロガーの方がいらっしゃいました。

女子中学生ブロガー 

(当時)女子中学生ブロガーだった「にしすー」 さんです。今現在は高校生になりブログを続けておりますが、彼女のブログを見るようになり、ブロガーという世界を知り、また若き文筆家の赤裸々な想いを覗くことができました。

 

彼女と実際にお会いしたことはありませんが、いつかお会いできたらと思います。その時はお礼をしたいなと思います。

 

にしすーごと。

 

 

なぜ今回こんな記事を書いたかというと、にしすーさん本人だけでなく、皆さんにこういう事例を知ってほしかったからです。にしすーさんは特別知名度がある方ではありませんが、僕が彼女を知って、彼女のブログを通して「発信すること」の良さに気づかせていただきました。

 

僕が言いたいのは、あなたが誰かの役に立っているということを感じてほしいからです。たとえ一見すると大きな存在にならなくても、みんな誰かの役に立っているし、小さな存在も、大きな存在もないということです。

 

たとえ些細なことでも感謝したいな、そういう気持ちを持っていきたいなと思っています。

 

そしてこの場を借りてにしすーさんにもお礼をさせてください。ありがとうございます。ぜひ皆さんもにしすーさんのブログ「にしすーごと。」ご覧になってみてください。

 

にしすーさんのブログ

nisi-su.hatenablog.com

 

 

ブログは楽しいよ!!