読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

美大生にダメ出しされてわかった「ブログ初心者が陥りやすい間違い7選」

f:id:makesfun1170:20161128212158p:plain

こんにちは

 

突然ですが…あなたはブログを書いたことがありますか?

f:id:makesfun1170:20161124214419j:plain

ブログを書くためには、書き続けないといけないというのが最適解ですが、無論書き続けてても天井は時機に見えます。何故ならブログは読まれるものだから。読む人からのフィードバックは何より重要なもので、それを見落としては良いブログにならないからです。

 

ということで今回は、現在美術大に通いながら、自分の絵などを売って活動しているHさんにブログを読んでいただきアドバイスを求めました。

f:id:makesfun1170:20161128200104j:plain

そしたらことごとくダメ出しを受けたのですが、そのおかげでアドバイスの必要性に気づけたのです。

 

ということで、僕が今回受けたダメ出しを紹介していきたいと思います。

 

 

「〇〇は何?」パートが多い

僕のブログを読んでいただいたところ、◯◯は何?という見出しが多いと言われました。

要するに、読者は僕の書いている内容に対して求めているところが違うのです。

5W1Hにおいて、この情報の「What?」か「Why?」か「When?」などあるわけです。

f:id:makesfun1170:20161128192912j:plain

検索から何かを調べたときに、その人にとって必要な情報を提供しなければ、読んでくれても満足してくれないわけです。ですからどの5W1Hが必要でも対応できるように

または記事のタイトルに沿うように情報を集めないといけない。僕の記事には「What?」の視点しかなかったということなんですね。 

画像が少ないからイメージしづらい

僕のブログには、圧倒的に視覚的要素が足りてないみたいです。ブログ全体ではなく記事の部分ですね。

f:id:makesfun1170:20161128200441j:plain

いくら文字で伝えても、その内容が真新しいものならばイメージしにくいのは至極当然といえるでしょう。ですから記事の内容に合った画像を、適度に挟んでおくのは、読者目線の記事といえます。僕は自分のイメージが理解できますが、読者にとっては全くわからないものだったかもしれません。なんせこのご時世です。

f:id:makesfun1170:20161128201035j:plain

今では中高生は文字より画像、動画コミュニケーションが主流になりつつあります。文章だけのブログにあったらと考えたら静かに画面を閉じられてしまいそうですね。

レイアウト(文字の大きさ、色etc)ができていない

僕は今までやるというか、知らなかったんですけど”文字の色”変えられるみたいですね…。せめてとかにしたほうがいいよと言われ、確かにそのくらいは必要だわと思いました。

f:id:makesfun1170:20161128202719j:plain

もちろん7色くらい使っちゃうと意味不明になるし、うざくなるのでやめとくべきですね。

惹きつけられないタイトル

タイトルが惹きつけられないって本当に鬱じゃないか、タイトルとは人でいう顔です。

f:id:makesfun1170:20161128205002j:plain

いうて人は見た目が9割って言いますから。

読者を「行動に繋げられていない」読んで終わりになる記事

ブログの記事では見られるのもいいですが、行動に繋げられないと良くないんですね。それは僕の目的が多くの人に見られることなんですけど、そのためには星とかブックマークとかツイッターで拡散などをしてもらえないといけないのです。

f:id:makesfun1170:20161128205142j:plain

ただ僕の記事には、その行動導線がなく、読者の方に読んでもらったまま終わりになってしまってるのです。ですのでコメントしてもらう、星を押してもらう、拡散してもらうことを目指して、記事も締めくくれるといいでしょう。

言葉足らず、前提足らず

ちょっと待て!!!!今の文章理解できないぞ!!!!まずAKB48ってなんだ????

f:id:makesfun1170:20161128205633j:plain

このように、自分ではわかってるつもりで前提条件を抜かして書くと、理解してもらえないと言われました。自分はここが一番苦手ですねえ。え?常識じゃない?と言われてもそう思わないこともあるし、その逆も然り。だから子どもに教えるくらい簡単に書く必要があるのです。

ターゲットに合った記事が書けていない

僕は、将来アイドルに興味を持って好きになってくれる一般層に読んでもらいたいと思っていました。一般層とはアイドルオタクではない人たちのことです。

f:id:makesfun1170:20161128210147j:plain

 しかし美大生で一般層の彼は、AKB48が48人じゃないの?と言ってきますし(48人ではありません。)メンバーの名前などはほぼ皆無でわかりませんでした。そう現実はこうなのです。僕はAKB48が48人でないことなんて人間の3欲が食欲、性欲、睡眠欲レベルの知識だと思っていました。ここの前提知識が抜けてるとは思わず、オタク向けのブログだと思われてしまいました。これは本当に難しいのです。

f:id:makesfun1170:20161128211055j:plain

自分がしたい話をするにはたくさんの前提条件をお話ししなければならず、それを全て書いていてはモチベーションも下がるし、めんどくさいのです。正直他のページに書いてあるからそっち見てこいって話だし、同じこと書いていては差別化にならない。でも初心者にアイドルの魅力を伝えたい。葛藤です。トレードオフです(初心者に知ってもらいたい⇄初心者は説明が理解できない)。←こんなジレンマを抱えているのです。

結論:ターゲットか内容を変えろ

今僕は、この結論に立たされています。どちらかを選ばないといけないのでしょう。または初歩的な内容から書いていかないといけないのでしょう。葛藤です。でも自分の描きたい内容を書くと、一般人は理解できても響かない、前提条件がないから。

どうすればいいのだ!!!!!!

アドバイス、シェアお願いします!お礼は、毎日夢で「ありがとう」って言います。本当にお願いします(土下座)

statruprion.hateblo.jp

statruprion.hateblo.jp

statruprion.hateblo.jp

statruprion.hateblo.jp

statruprion.hateblo.jp