読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

リオンが選ぶ「死ぬ前に聞きたい」アイドルソング100選(に向けて随時更新中!)

f:id:makesfun1170:20161106052053p:plain

どうも、アイドルソングも楽曲派!リオンです。

今回は音楽が大好きで、ジャンルの垣根なく聞く僕が、至極のアイドルソングを100曲選んでご紹介いたします!

ちなみにこれらの曲は、オール主観ですし、自分の思い出とリンクしてる部分が多いので参考程度にして頂ければと思います。むしろ僕の人生を知るのに役立つと言えるくらいです。ではご紹介していきましょう。 

 リオンが選ぶ「死ぬ前に聞きたい」アイドルソング100選

サイレントマジョリティー -欅坂46-

 

 

・キミガイナイ -欅坂46-

本当に本当に本当に!!!神曲!!サビ前の「本当の孤独は〜」の部分は特に核心を付いていて聞くたびに鳥肌が出る。

 

・裸足でSummer -乃木坂46-

 

乃木坂1期生最年少メンバーの齋藤飛鳥が初センターを務める曲です。私的アイドルで最も美しいMVの一つです。最初に見たときの衝撃は本当に凄かった…。貪るように何度も見たのを覚えています。

 

Glory Days -palet-

 

この曲は、もうすでに卒業してしまったpaletの中野佑美ちゃんがリードボーカルを務める曲で僕は当時推していたのですが、足の手術の影響で卒業してしまいました。

paletの中で最もお気に入りな曲です。

 

・セーラーゾンビ -AKB48-

 

実は、セーラーゾンビはAKB48を推し始めるきっかけになる曲と言っても間違いではありません。というのも僕がずっと敬遠していたAKB48を繋げてくれたのが、この曲が表題にあるドラマ「セーラーゾンビ」でした。主演の大和田南那ちゃんにビジュアルで惹かれたのがきっかけです。そのドラマの脚本もですが、まんまと秋元先生の「予定調和を壊す」の虜になってしまいました。

 

希望的リフレイン -AKB48-

 

僕が唯一行ったことのあるライブ(全国握手会)のシングルです。その代わり写メ会とかは行っていました(笑)。AKB48の曲を多く手がける井上ヨシマサさん作曲です。

その中でも、この曲は個人的に思い出深い曲です。

 

・party is over -AKB48-

 

 

❇︎随時更新中