読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

アイドルオタクの某氏がブログを書いてみました

無銭から始まったとある欅坂46ヲタの記録を語ろう。

f:id:makesfun1170:20161109225254p:plain

どうも、リオンです。

今年もアイドル界は話題づくしですね。やはり欅坂46のデビューは外せませんね。

今回は、僕と欅坂46の物語です。(小並感)

始まりは……。

欅坂46との接点の始まりは、乃木坂46のライブで「鳥居坂46」結成の発表がなされた時に遡ります。確か高校2年の冬だったでしょうか。

当時乃木坂46のファンであった僕は、姉妹グループが作られることに関しては「どうせファンになるんだろうな〜」と思いつつ強くは期待していませんでした。

 

しばらくして「鳥居坂46」オーディションが行われ、気づいたら合格者発表に達していました。メンバーを初めて見たときの感想は、まあいつも通りパッとしない…感じでした。まあデビューした時って正直微妙に感じるもんなんですね…。

少なくとも僕はいつもそうなんですけど。

 

グループ結成から、少しの間の「さよなら」

そして冠番組「欅って書けない」が高校3年の秋に始まったよう記憶しています。(脆弱な記憶力w)その頃、僕はまだ大学受験に挑戦する気ではいました。

 

結果的にはやめたのですが

 

その時は「見てる場合じゃない、勉強しないと…。」ということで

確かメンバー初登場の回まで見ていました!(最初は自撮りムービーでしたね)

でも僕は結果的に受験しなかったのでそれも無駄になったわけです…。

 

友人のオタクは受験直前まで見ていたそうですから、僕はオタクとして、クソ野郎でしたね…。

 

www.idolfreaks.jp

 

 受験をやめて、そして再会…。

大学に行くことをやめて、2016年冬。僕は2月に長野県から福岡県にインターンシップへ行っていました。

インターンシップとは、簡単に言うと「企業への就業体験」を行います。

就業体験といっても、中学や高校でやるようなものではなく、ビジネスコンテストをやるところから就職した場合とほぼ同じ裁量で仕事をする場合もあります。

詳しい内容は後日詳しくお話ししますね。

 

地元に戻った後も、忙しく東京や福島などでのイベント開催に関わったりしていました。その頃です。ちょうど「サイレントマジョリティ」がCMで登場しはじめたのです。

 

「衝撃」。正にこのためにあるような言葉だと思った。

サイレントマジョリティ」は、ファッションレンタルサービス「メチャカリ」のCMでのテーマソングとして放送されました。すっかり僕は、欅坂46の存在を忘れていたので、僕はそうと気づくまでに、少し時間がかかりました。

 

そのあとは、もう決められた道を辿るだけ、そんな感じ。

サイレントマジョリティ」のミュージックビデオでも、今までにない面白さを感じ

卒業とともに、人と少し違う人生をたどりはじめた僕は、孤独だったので

押し込めたアイドルオタクの血が騒いでしまったのでしょう。

(ちなみに、自分で何書いてるんだろう…という気持ち)

 

雑誌で惹かれたメンバーの「長濱ねる」を推しに定め(最初はいつも適当)、ファン活動を始めるため、ツイッターを開設しました。

 

初の現場入り。「ヒッチハイク」で幕張メッセ

初の現場は、5月28日に行われた幕張メッセの「個別握手会」に行くことを決意します。というのも元々握手券も持っていなかったのですが、起業系の行きたいイベントを見つけ、その日程が、握手会と重なって行くのに都合がいいと思ったのです。

 

実は、その日ヒッチハイクで行きました。

 

ヒッチハイクで無券で行ったのが、 何かウケたらしく、初の参戦にも関わらず友人を作ることができたので、良かったですね……。(ありがとうございましたwww)

 

というのもツイッターで交流をつくってた僕は、長濱ねる生誕委員会に入り、最初からそれらのファンと繋がることができたからです。皆さんこの方法はオススメです。

 

ただ僕は運よく相性のいい生誕委員と巡り会いましたが、そうではない場合も多くあります。気をつけてくださいw

 

 その後無券で行きまくる。

実は幕張の握手会前日に、「無券」で有名なオタの方と渋谷で絡んでました。

おそらく皆さんのご存知の方だと思います…。

 

当日幸運にも友人ができた僕は、次の週に行われるパシフィコ横浜の個別握手会にも

参加します。ちなみに往復ヒッチハイクで帰宅したのが、水曜日。木曜日に行くと決断し金曜日の朝にヒッチハイクで行きました。本当に何も考えず動いてたので恐ろしいですね…。まあそれくらい動かないと、ただにニートと同じになってしまいますしね。

 

その後1stシングル残りの握手会は、すべて長野県からヒッチハイク無券で参戦し

まあある意味でキャラ付けに成功し、居場所を持ったのは大きな成果でした。

 

その後ある出来事をきっかけに、東京に拠点を移すのです。

実はそれが決めたのも、握手会と起業系イベントに参加したときです。

 

東京移住。そして生誕祭の開催へ

 「長濱ねる」生誕委員だったため、9月11日に生誕祭が開催が決まったことで

準備も始まりました。また2ndシングル「世界には愛しかない」の握手券は

取りに行きましたが、ほとんど外れてしまい長濱ねる券は、たったの1枚でした…。

 

来たるべく生誕祭、9月10日に生誕祭前日準備のため幕張メッセに行きます。

生誕祭経験がなかったため、イメージは全くできませんでしたが装飾をつくったり

していました。ちなみに夜中までかかるだろうと思われていた作業も、思ったより早く終わり、夜は生誕委員の友人らと近くのレストランへ。

大学生にならなかった僕は、「同世代との交流」や「遊ぶ」ということが無く

その夜は、本当に楽しかったんですね…生誕ってサークルのようなものなので。

 

生誕祭の開催までなんと……外で!!過ごしました。寒かったなあ…。

生誕祭の詳しい内容も、後日あげたいと思います。

 

当日の生誕祭は、本当に感動的でした。僕含め多くの友人は完全に体を壊していましたね。それも懐かしい思い出です。生誕祭中は、思わず涙が出ました。

 

生誕祭後…。僕と欅坂46の物語は続くのか?!

 生誕祭後に参加したのは、京都の個別握手会です。

日帰り往復ヒッチハイクということもあり、疲れで途中死にそうでしたが

友人がいたため観光もしたりで、過去最高に楽しめました(笑)

だから僕はアイドルより、アイドルが好きなことを共有できる友人が重要なのでは

と思いました。

 

これは僕がブログやツイッターなどの発信を続ける理由でもあります。

僕はそれを応援するのも好きなんですが、「これのここがいいんだよね〜」と

一緒に語り合える友達が欲しいんです。友達少ないのでw

 

現在欅坂46のイベントはありません。

けやき坂46のおもてなし会も落選してしまいましたし…。

 

3rdシングルの握手券は取っていません。お金がなかったり友人お互いにモチベが低下しつつあるのが原因です。また以前参加した全国握手会の満足度が高かったので

間に合うと思ってるのもあります。その場で選べるのが魅力ですね。

僕の場合気分で、話したいメンバーは変わるので…。

 

 

 

まあそれでも、友人と言い合うんですけどね。

 

「どうせイベントの日にはモチベ上がる」って。