読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

親世代にオススメしたい…「アイドルネッサンス」にあなたが魅了される3つの理由

f:id:makesfun1170:20161108211600j:plain

(参照:公式HP

どうも、リオンです。

……突然ですが「アイドルネッサンス」というアイドルグループをご存知ですか?

 

あ、知らない?……まあいいでしょう。そのような方のために書いてるのですから。この記事は、若い方というよりは僕らの親御さん世代に届いて欲しいと思います。

 

失礼ですが…恐らくアイドルに関して偏見を持っている方が多いことでしょう。

今回の記事であなたはきっと、活動して未だ2年半のアイドルグループに魅了され熱中するでしょう、そう願っています。

 

そんな魅力的なグループを紹介する前にひとつだけ質問をさせてください。

 あなたにとって最も思い出深い音楽は何ですか?

誰しも記憶に残る音楽があると思います。それをあなたが正確に覚えているかは別にして。僕にもあります。

 

 

 

 

Mr.Childrenです。

 

 

 

 

 

僕が幼い頃過ごしていた場所というと、普通は家とかだと思うんですけどそれに次いで長い時間を過ごしたのが「車内」でした。

長野県に住んでいたので、移動で2~3時間は珍しくありませんでした。もちろん日常的ではありませんが(笑)

両親は音楽好きでして、いつも車内では何かしらの音楽が流れていました。それは僕にとっては思い出深い記憶と言っていいでしょう。

Mr.Childrenもそんな記憶を彩っている音楽のひとつです。

それらの音楽に偶然再会する度に、ノスタルジーを刺激されるのです。

 

 

そう。「ノスタルジー」という感覚は、僕が最も大切にする感覚のひとつです。

「ノスタルジー」とは?

<ノスタルジーの意味>
これは、「望郷」「郷愁」という意味で、
過ぎ去った時代を懐かしむ心のことです。

 

 そしてなぜ僕が「ノスタルジー」を強調するかと言いますと、2つの理由があります。

1つ目は、音楽によってノスタルジーは刺激されやすいこと。2つ目は、今回の「アイドルネッサンス」を紹介するうえで重要なキーワードになるからです。

 

ではそれを踏まえて、本題に移っていきましょう。

アイドルネッサンス」の何があなたを魅了するのか?

 まずアイドルネッサンスの魅力を語る前に、一度動画を見てみましょう。

 

 

これを見ていただいて、すでに何か感じるものがあるなら、恐らく僕の役目はここまででしょう。お疲れ様でした。どうぞYouTubeに直行してください(笑)

 

ではあなたが魅了される1つ目の理由に移りましょう。

①「名曲ルネッサンス」をテーマに活動している

このアイドルは「名曲ルネッサンス」という活動を行なっています。どういうことか?

<ルネッサンスルネサンスの意味>

これは、「復活」「再生」という意味です。

つまり古今の名曲を彼女たちなりの感性を通して歌とダンスで表現して、広めていく、それが「名曲ルネッサンス」であり、「アイドルネッサンス」というアイドルの表現方法なのです。

 

この曲を聴いてご存知の方もいらしたでしょう。

これは僕が大好きなアーティストのひとつ、Base Ball Bearの「17才」のカバーです。

では、どんなアーティストがカバーされているか、いくつか紹介していきましょう。

 

the pillows 「Funny Bunny」

  

高野寛 「ベステンダンク」

 

TM NETWORK 「STILL LOVE HER(失われた風景)」

 

 この他にも、大江千里PUFFYスピッツなどのアーティストをカバーしています。

またそれだけではなく、スキマスイッチKANA-BOONHoneyWorks片平里菜など若い人に支持のあるアーティストもカバーしているのでどの世代でも楽しめます。

 

②素朴で純真無垢な雰囲気

アイドルネッサンスの魅力は、音楽だけではありません。メンバーの素朴さと純粋無垢さで、右に出るアイドルはほとんどいないでしょう。MVを見ていただいてわかるように「甘酸っぱさ」や青春チックさがたまりません。それはまるで昭和の女子学生のようで(僕のイメージでは)、ご覧になった方の中には自らを重ねた人も少なくないのでは?

③ノスタルジック

やはりこれが一番だと思うのですが、歌うメンバーたちは、クラシカルな雰囲気で歌う曲は、自らの青春時代に聴いた曲となれば思い出に浸りたくなるでしょう。

昔のアルバムなんかを押入れから出して、久方ぶりに旧友と会いたくなるかもしれません。過ぎた季節は戻ってはきませんが今も心の中にあるでしょう、そんな記憶を思い出させてくれるのが「アイドルネッサンス」なのです。

 

ぜひライブに行ってほしい

僕からは自信を持って、彼女たちのライブに行くことをオススメします。

「アイドルネッサンス」のファンは、他のアイドルイベントと比べて結構特徴的です。

ファンの年代は散らばっており、学生からご年配の方まで幅広くいます。またオタクチックな人をほとんど見かけません(むしろ僕は洒落た人が多いように感じます)。

ライブでは、初めての方でも盛り上がって楽しむこともできます。

先日Zeppダイバーシティ東京にて行われたワンマンライブにも参加しましたが

ファンとメンバーがひとつになる良いライブでした。ぜひこれをご覧のあなたにも

行って見てもらいたいと思っています。

歌唱力も申し分ありません!

 

 

以上!リオンでした。