読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

アイドルオタクの某氏がブログを書いてみました

現代のインフルエンサー論?ホリエモンやイケハヤが突き抜けない理由って?

f:id:makesfun1170:20161027164354p:plain

ども、ドルオタ、リオンです!

今回はインフルエンサーについて書きたいと思います。

 

インフルエンサーの価値ってなんだ?

ホリエモンこと堀江貴文氏やブロガーのイケダハヤト氏は、多くの支持を集める一方

炎上やアンチも多くつく。

これは今のプチカリスマ時代においてスタンダードだけど、その意味を理解せず無鉄砲に批判するお門違いの人も多いと思う。

 

例えば彼らが、医療や移住に関してオピニオンを出す、と専門家気取りの奴らがうじゃうじゃゴミのように出てきて「それは違う」「浅い知識で偉そうに」みたいな感じだ。

 

僕は思う。

 

「あなた方が、正にそれは違うよ」

 

と言いたい。

 

違うんだって。彼らの役目はそこじゃないんだ。

 

僕たちに必要なのは、高尚な理想を掲げる人でもなければ、専門的な知識を披露する存在でもない。

 

君たち庶民の味方だ。

 

この世界が急速に変わりゆく時代において、必要な人たちは、専門家やアスリートでもなく、僕らの一歩先を歩く案内人だ。いや代弁者といってもいいかもしれない。

 

そして彼らは多くのフォロワーを持っている。フォロワーとはフォロワー(ついていく人)だ。

 

だから無知な僕らを導いて、一歩先の未来を生き抜くヒントを伝える存在だ。

それが彼らのポジショニングであって、世界を変えたり、大きな事業や作品を生み出す存在ではない。

 

そもそも彼らの使命は、人々、すなわち一般人の意識や行動を変える存在だから。

 

代弁者とは?

代弁者って素晴らしい偉人みたいな人が言うと、説得力はあるけど別世界の話にしか思えないものだ。また専門家やプロの人は、一般人に対して中々触りを教えてくれない。

最新のテクノロジーは何と何で構成されてて、〇〇をもたらすとか、こういうガジェットがいいとか、ギークしか興味ない。

一般の人は、「それで僕らはどうなるの?」ってとこに興味がある。

そんな細かいことはどうでもいいのだ。だからいつまでもわかる人にしかわからないみたいな専門家は腐れと思う。

 

突き抜ける人たちは、あえて有名になろうとはしない

肌感覚であるが、突き抜ける人は、メディアにあえて出ることはしない。

投資対効果が悪すぎるし、時間の無駄だ。

 

Facebookのマークや、Googleのラリーは決して起業する時有名人とか

そういう存在ではなかったはずだ。彼らは黙々と事業をつくる。

 

ホリエモンやイケハヤのような優秀な彼らが、もっと大きなことやれよと言われながら

今の位置にこだわるのは、彼らが勇気がないわけでも、野心がないわけでも、お金を稼ぎたいからでもない。

 

今の位置が、彼らにとって最も世界を変えるのに適した場所だからだ。

  

ホリエモンやイケハヤは、発信力で多くの人々の意識を変えようとする。例えば非論理的な常識に縛られた人とかね。

 

マークやラリー、孫さんなんかは、事業つくりに専念し社会を変える。インフラ担当だ。

 

それぞれ役割がある。もちろんイケダハヤト氏も本気出せば何か大きな事業を起こせるだろう。

でもそれは彼らの役割じゃない。

 

それより東京で消耗してるサラリーマンを煽って、少しでも多くの(本当の意味で)豊かな生活をする人を増やした方が、社会貢献になるんだと思う。

 

だってホリエモンだって、イケハヤだって言い方は悪いが圧倒的な「庶民」なんだ。

彼らは変わった存在でもなんでもなくて、普通の人だと思う。

 

普通のことを言ってたらなぜか叩かれる、という方が正しいに違いない。

彼らは努力の人だ。普通の人が普通らしく努力に夢中になったらあんな感じだと思う。

じゃあ僕らは、普通じゃないのか?その通り、彼らのようになれなかった存在は

例えばサラリーマンはどこかで妥協したやつだ、もちろんサラリーマンの適性もあったかもしれないが、まあそれはどうでもいい。(僕にはサラリーマンと揶揄される人たちの価値がまだわからない、未熟者だから)

多くの人にとってサラリーマンで満足できるなら幸せなことだ。

 

 僕は、どちらにポジショニングするべきか

 

だけどマークやラリーはきっと天才になりうる条件が運命的に重なっていたのだと思う。

僕だって今から努力すれば、ラリーみたいになれるんじゃないかと思ったりするが

多分それは僕にとって最も幸せな選択といえない。僕はすこぶる普通の人なので

ホリエモンタイプになるのが最も幸せだと思う。

 

例えラリーを目指せても。

 

だから今目指すのはアイドルオタクとして、アイドルに偏見を持つ、オタクに理由もなく嫌悪感を持つ人たちに、本当はもっと魅力があるんだよ、実は事実はこうじゃないんだと、教えてあげる人だ。

 

僕らにはそれぞれ役割があると思う。

 

そしてホリエモンやイケハヤのようなインフルエンサー

言い方は悪いが所詮一般人であり、一般人にとっての一歩先の未来への入門を進める代弁者だから。

 

おそらく読者の方はほぼホリエモンとかそっちのタイプなので

彼らの意見を参考にした方がいい。

 

だって僕も最初は彼らの意見に導かれ、起業とかブログの世界に入ったからね。

普通の人は彼らの意見を聞いて「自分で考えて」何が正しくて、何が間違ってるか判断しよう、そして頭でっかちにならず「行動しよう」。

 

それが代弁者の代弁者の僕が伝えられることだと思う。