読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

アイドルオタクの某氏がブログを書いてみました

オタクは、アイドルに会っているのではない、オタクに会いに行っているのだ。

f:id:makesfun1170:20161019145044p:plain

ども、リオンです。

 

 

オタクは、オタクに会いに現場に行く

オタクって、アイドルの追っかけだと認識されることが多いとおもいます。

一般的には。

 

でも実は、アイドルじゃなくてオタクに会いに行ってますよね?みなさん。

まず、なぜかって。ぼくがそうだからです。

例えばちょっと握手券の枚数少なくて、いつもの友人来れなくて、若干会場が遠いと…

 

モチベねえ

 

まあそれはアイドルのモチベが低いのも影響しているのもあるんですけど。

ぼくは、思うんですよ。アイドルのイベントってすごいんですよ。

 

イベントにファンが一斉に集まる、という価値

 アイドルのファンって、オタクの方には悪いですけど、たぶん変わってる方多いですよね。最近はリア充も嗜むようになった高貴な貴族の遊びになりつつありますが、

社会的にマイノリティーなんじゃないかなと思います。

だって満たされてれば、アイドルに行き着かないと思いますよ?

 

一般的なイメージで、結婚できない人とか、ロリコンとか、色々罵られてるでしょう。

もちろんそうじゃない人もいるでしょうから(むしろそっちが多い)、その人たちの居心地の悪さは想像できます。だって親とか友達に言うの抵抗ありません?

 

自分ではわかってても、相手はこう思ってるだろうなあって考えてしまって

萎縮してしまうと思います。そんな中…

 

実生活では趣味をさらけ出せない人が一箇所に集まったら…??

 

わかる!!それ!!

 

共感の嵐wwwwwwwwwwwww

 

になるんですよ。しかも好きなものを共有した者たちが。

だからこれは非常に価値だと思っています。

 

なぜかって彼らにとって実生活は萎縮してしまう、本当の自分をさらけだせない

居心地が悪い環境なわけです。そんな人たちにとって、あなたを理解する、だけではなく共感の嵐集団に出会ったら、もう最高でしょう。本当の自分万歳!!

 

アイドルイベントは、社会不適合者のサードプレイスだ

アイドルオタクが社会不適合者とは言いません。でも居心地の悪さをもっているのは事実です。だれもが自分は自分、他人は他人とわりきるのは難しいと思います。

なんといったって社会性を欠く者は、クソだ!って言われる日本人ですからね。

「空気を読む」なんて文化、日本くらいのもんです。

 

で。そんな人たちにとって、アイドルオタクにとって、イベント会場は家庭、学校、職場に代わる

サードプレイス✳︎なんです。

 

✳︎サードプレイスというのは、アメリカの社会学者レイ・オルデンバーグが現代社会において重要だと位置付けているコミュニティーの概念で、自宅や職場とは隔離された心地の良い第3の居場所と定義づけています。

 

サードプレイスがあるのは、生きる上で非常に大事です。

例えばあなたが学生だったとして、学校でいじめられてたとします。(ごめんなさい)

そこで、やっとの思いで家に帰宅すると、今度は両親が喧嘩しているのです。

 

さてあなたが学校で辛い思いをしているのに相談相手がいない、だれも自分を認めてくれない、となったとします。そんなときあなたはどうしますか?

 

だれも自分を認めてくれないのです。

いじめられる→学校行きたくない→起きるが辛い→学校に行かなくなる

みたいね引きこもりの図ができるわけです。

 

そしてネット上で、リア充をdisったりネトウヨになるかもしれません。

でもそれをアイドルイベントはサードプレイスを与えるのです。

 

アイドルのイベントに行けば自分を理解してくれる存在がいる。

それが心の薬になり、その他の場所でのつらいことは我慢することができます。

地方民にとってもTwitterなどがリアルには劣りながらもサードプレイスになりうるでしょう。

 

その他のオタクは…?

近鉄道の専門学校へ行っている友人と話していて気付いたんですが、

彼いわく、鉄道オタクは結構コミュ障タイプが多いらしいです。

(その友人は鉄道オタクではない。)

鉄道オタクって好きになる対象が「物体」なのでコミュニケーションが苦手なのではないかという分析をきき納得しました。

ぼくはそれに加えて、鉄道オタクは、彼らの中で交流が生まれないことも原因かと考えています。だからこそアイドル市場が伸びた理由はそこにもあると考えています。

 

www.idolfreaks.jp

 

アイドルは、日本のオタク市場の中でダントツで1位の市場規模なんです。

それは、オタクが会いに行く対象がアイドルだけではなく、オタクがいるからでしょう。

 

ちなみにぼくはオタクに会いに行っています。