読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

「ヲタクを仕事にする。」好きなことを仕事にする方法を考えてみた。

f:id:makesfun1170:20161019144816p:plain

リオンです。

今ぼくは、FREAKS(フリークス)というアイドルヲタクメディアを運営しているんですが、先日こんな記事を書きました。

 

 

www.idolfreaks.jp

 

誰もが望む「好きなことで生きていく」。

このキャッチコピーは、YouTubeのCMで使われたことばですが

これからの時代(使い古された言葉だが)、本当に好きなことをやっていないと

マジで生きていけないなと感じています。

 

それはHIKAKINみたいなYouTuberとかそういう働き方をみんなで選べる社会じゃないと

失業者が続出すると思うんです。

なぜかというと、これからAI(人工知能)が発達してロボットでもできることは確実に増えていっています。その中で、人間とロボットなら人件費どっちが高いかって人間に決まってるんです。(❇︎仕事によります)

 

ロボットとか初期費用だけで言った通りに正確に動いてくれますからね…。

それで、なんで好きなことじゃないと生きていけないか。

 

それは、好きなこと以外はロボットがやるからです。

 

似たような話をこちらの方でも書かさせていただいています。

 

www.idolfreaks.jp

 

人間がなんのためにロボットやテクノロジーを発達させたかというと、便利になるためなんですけど、根本的に面倒を減らしている、やりたくないことを減らしているのが本質だと思います。

だからロボットが進化した世の中では、自分のやりたいことができる。

でも人間はたぶん仕事をするんです、やる必要がなくても。

そのときに何の仕事か?って好きなことに決まってるじゃないですか。

もちろんロボットができるようになっても人間の仕事は奪わられないっていう話はあります。それは例えば料理人とか、職人さんですね。

 

いくらロボットでもロボットなのです。人間に創り出せるものと全く同じものは生み出せません。それがオンリーワンであればあるほど。

 

話はずれましたが、当然のことながらぼくも好きなことで生きていきたい。

以前からどうしても思ってるのが

 

ヲタクを仕事にする。」です。

 

これから様々な趣味や遊びが仕事になっていくと思います。

YouTuberだったり、ブロガーだったり、最近だとPokemonGOのトレーナーもありましたね。

 

heapsmag.com

 

要は稼ぎ方はいくらでもあるんです。好きなことを仕事にする定番中の定番のビジネスモデルは有名になることです。

 

有名人になるメリットは、人から注目される所なんですよ。

広告塔にもなれるし、単純にその人を見に来るためだけでお金を払ってくれる人がいる。それはインフルエンサーマーケティングといわれる手法や、広告ビジネスで活用されます。

それは決してテレビに出るような存在になる必要がないことを示しています。

今はネットで発信する機会が格段に増えました。ぼくだってツイッターやブログで発信しているわけです。なにかのご縁でフォローしてくれた人や、ブログを見てくれた人には何か還元したいと思っています。

 

有名になるメリットに関連して、「ファン」をつくるのも大切ですね。

ぼくは出会った人みんなにファンになってもらえるような素敵な人になりたいです。

それは仕事とかそういう意味じゃなくて。

 

結局生きていくためには人との繋がりがすごく大切だと感じます。

そういう本質的な所に目を向けるきっかけになるのが、好きなことを仕事にするとき2考える事柄です。

 

どれだけファンをつくれるか、そのパイを広げるのが有名になるメリットです。

話はずれましたが、最後にぼくが仕事になるのではないかと思っているヲタクの活動を書いてみます。

 

1.ダンスコピーグループ

百合坂46さんのようなダンスをコピーするファンの集まりです。

www.idolfreaks.jp

 

彼女たちのすごい所はホームページまで作っちゃうところですねえ

t.co

 ライブも行ってるみたいだし、知名度もあるので全然仕事にすることは可能だと思います。本人たちがどう思っているかはわからないです。趣味と分離させたい方もいると思いますし。でも可能性が十分ある分野だと思います。ぼくは男性版をやりたいと思ってます。それかプロデュースするのもありですね。

あとこれ、ヲタ芸も同様です。

 

2.動画製作者(viner、ツイッター動画)

よくツイッターでRTされてますよねえ、彼らの強みは話題をすぐ発信できるところですね。まいまい(深川)が卒業するときは、今までのメモリームービーみたいのがあふれていました。素材をうまく編集できる技術は仕事に活かせますよ。

これからはリメイクの時代でもあると思うんですよね、ぼくはカバーとか好きでよくみてるんですけど、DJとかもやるじゃないですか、既存の作品をいじったり構成し直すのは十分仕事を作り出せると思います。ぼくも彼らクリエイターの働く場を提供しようと案を練っていますのでご興味ある方ぜひご連絡ください。

 

あと以前「NOGI-PRO」という謎のYouTuberがいて超クオリティー高い動画出してたんです。ぼくはすごく可能性感じてたのになくなっていました。

消されちゃったのかなあ、もし詳細知ってる方いたら教えてください。

 

3.加工職人

これも。フォトショ強そうな人たちがやってますよねえ。

デザイナーなんですかね?w クオリティー高いし、iPhoneの壁紙とか

プロフィール用画像とかつくって配布しててそれもう売れるだろっ!!って話。

いや本当に売れると思いますよ、一つ残念なのが著作権ですかね…それさえなければ。

でもその技術を応用してなにかできると思うんですけどねえ。

 

4.Twitterの強ヲタ

よくフォロワー数万人とかいますよねえ、ツイッター上の強ヲタ。

必ずしも古参やTOがそういう人たちとは限らないんですが、すごいフォロワーいる

人います。この人たちなんかすぐ仕事つくれるでしょ!!

 

アイドル雑誌の編集部とかに、RTしてブログ書いて拡散しますのでいくらください!って言えばワンチャンあるんじゃないのかなあ。本当に。

 

というかYouTubeとかブログとかはじめるのもアリでしょうしね。

まあ最近はVAZというところが、中高生に人気の動画クリエイターを囲って

インフルエンサーマーケティング事業やってるのでそれに似たことは可能じゃないかと思いますね。

念のために説明すると、インフルエンサーマーケティングって有名人はフォロワーたくさんいて影響力がある人(インフルエンサー)なのでその人たちのファンに対して会社が宣伝したい、じゃあぼくが宣伝してあげますよっていくら、みたいな話。

ヲタクのフォロワーは9割ヲタクなので(残りはスパム)アイドルヲタクにリーチしたい会社はその人にお願いすればいい。幸いヲタクのツイッターインフルエンサーって動画とかやってる人多いですよね、宣伝動画編集してつくって拡散しちゃえばいいんじゃないのかなあ。

 

5.生写真トレーダー

生写真って残念ながらレートとかでメンバーによって価値が違いますよね。でもそのファンの人にとってほしいものでもあるわけです。だから人によって価値が違う状況が起きる。これを利用して価値のあるものを身の回りに集め、売却したりするっていうことが可能だと思います。賛否両論あると思いますが一応可能だよって思いました。

今度ゲームとしてやってみたい。企画として、5セット買って価値を最高にあげてみた的な。

 

6.CDや雑誌をたくさん持っている人

これです。CDって買いすぎても開封せず溜まるだけですよねー。

だから輸入せどり的なことします。つまり自分で握手券かってCDは余る、だから外国人に中古として売る、元々なにもするつもりじゃなかったから格安で売る。

それを1000枚とか売れば収益になる。それを団体でやったらもっと。

でもそもそも海外ヲタそんなにいるのかって話ですけど。いたらいいな。

海外にアイドルを発信するメディアとかやって一緒にやったらもったいないCDも生産できますね、これは違うグッズも同様です。

 

7.イベントをやる

これは例えば、46HOUSEというクラブイベントや、乃木人狼(坂道応援サイトぐるのぎを運営する方主催)など、乃木坂周りは盛んですね。

単に友達を呼ぶ会としてもいいし、大規模に行うことも可能です。

近いうちにぼくはこれやろうと思っています、よろしくね。

 

いかがでしたでしょうか。とりあえず今思ってる可能性について書いてみましたが。

ぜひ感想とか、聞かせてください。