読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオンのブログ

とてつもなく野心的な夢の方が、実現させやすい。それに挑戦するほどクレイジーな人がいない分、ライバルがほとんどいないんだ。

「アイドルって口パクでしょ?」「オタクとかマジきもいわ」と言うあなたを論破したい。

f:id:makesfun1170:20161019144355j:plain

こんにちは、リオンです。

 

あなたは「アイドル」がお好きですか?

 

最近はあまり聞かなくなったけど、数年前までアイドルやオタクに対する理解ない悲しいコメントが多かったように思います。

例えば「アイドルってブスじゃない?」「アイドルって口パクじゃん?」「オタクとかまじきもいww」みたいな。こういう発言ってその方がよく(アイドルを)知らないからそう言えるのだと思います。

 

 偏見って無知から始まるんですよ。

 

なぜかって自分もそっち側の人間でしたから。僕は何も知らずに批判してた。

 

 でもそれって無責任ですよね 。

 

 だってそのことをよく知りもしないのに批判しておいて、もっと知らない第3者に負のイメージを植え付ける。迷惑以外の何物でもない。僕はそんな風に理不尽に批判されるのが心苦しいです。別に自分が批判される分にはいいんです。

 

 「ほっとけばいいじゃん、そんな人たち」

 

そうですね…。僕もそう思います。でも以前は僕もそっち側でした。そして僕がアイドルを好きになった時に露わになった感情は、

 

「後悔」でした。

 

なんで「後悔」なんてするのかと思ったけど、つまらない二次情報に騙されて目の前にある楽しみに気づけていなかった自分と、もっと早く知りたかったという後悔でした。

だから今回は、そんな偏見を少しでも減らそうと定番フレーズに僕なりの意見を言ってみようと思うので、読んでいただけたら嬉しいです。

 

「アイドルってブスじゃん」

う〜ん、これは「人による」としか言いようがない。あなたのタイプにあった子が見つからなかったんですね…。残念です。でもそれって本当によく見ましたか?アイドルってごまんといるんですよ?一部分だけみて全体を知った気になってるのはちょっとなあ〜

 

確かに芸能人だから容姿が優れてて当然みたいな思考の前提があるかもしれません。これってたぶんあなたは「アイドルって顔を売る仕事でしょ?」という考えがあるんじゃないのかなあ。

 

違いますよ。(あくまで僕の意見です。)

 

アイドルの職能って歌やダンスを提供する容姿のいい集団、ではなく

彼女らひとりひとりの存在が、アイドルっていうエンターテイメントなんです。

言ってること分かりますか?アーティストは歌やダンスの音楽的スキルが主な職業能力です。

つまり彼らがアーティストして食っていくのに最も重要な武器は、「音楽的才能」です。でもアイドルはアーティストじゃないです。じゃあアイドルの主な職業的スキルはなにかって…「彼女らの存在そのものの魅力」ですよ 。

 

だから容姿の良さとか歌のうまさは、一つの指標でしかないんです。だから可愛い子もいるし、歌が上手い子もいる、ダンスが上手い子もいる。それに対して喋るのが苦手な子もいるし、声が小さい人もいます。でもアイドルに求められているのは、それらの能力値の高さや人より優れてるところじゃないんです。話が長くなりましたが、要するに

 

アイドルに容姿の高さは要求されない、と僕は思っています。

 

だからあなたが一般人目線で見てあなた個人がブスだと思ったのなら、それはしょうがないことなんです。最後に「おまえらがかわいいって言ってるあのアイドル、ブスじゃないか、おまえら神経いっちゃってるな」って思うタイプの方…「じゃあ他あたれよ、理想高いなおまえ」 

 

「アイドル若くね?」

うん。そうだね…(汗)だから…??たぶんなんの能力もない少女に何の価値があるの?みたいなことを言いたいのかな…?1で申し上げましたが、アイドルの魅力とは、音楽的スキルではなく存在そのものです。そしてアイドル最大の特徴は、

 

「長期的な視点で楽しむ」ことである。

 

どういうことか。アーティストを例に出しましょう。アーティストは一般的にライブに行ったり曲を聴くことが、楽しみ方でしょう。彼らのライブに行けば求めているものレベルを返してくれる。しかしアイドルのライブに行くとします。歌の振り付けをたまに間違えるんです。

 

アーティストを好んで応援する人の気持ちとしては、練習しっかりやってないんじゃない?って思うでしょう。いや実際そうかもしれないんです。だけどアイドルはこれが魅力なんですよ。アーティストのライブに行ったとします、前回と変わらず最高のパフォーマンスを届けてくれた、ありがとう!最高だ!アイドルのライブに行ったとしましょう。

「あ!!前よりうまくなってる!!!!ミスが減っている!!!!」 

これがアイドルの楽しみ方なんです。そう、成長をみることが最大のアイドルの楽しみ方なんです。だから長期的な視点が求められる。

アーティストはどんな場所でも同じ100点のパフォーマンスを出さないといけません。でもアイドルはいつも100点ではないんです。どちらかというと目指せ100点って感じなのです。だから始まりが50点でもいい。

毎回ライブに通ってると、少しずつ60点、70点、80点と成長しているのが見える。それが良さです。だからアイドルはいつも同じクオリティーとは限らないんです。

 

話がずれましたが、要するに成長がテーマのアイドルという職業において一番成長期に当たる中学生くらいがアイドルを始まるのに適しているのです。ファンが成長に気付けるほどいいのです。だからアイドルってあんなに若いんです。

 

彼女らが17、18歳に成長した時に花開くのをファンは期待して応援しています。もちろん17、18歳を超えてもアイドルはできますし、成長もしますのでご安心ください。

「アイドルは歌・ダンスが下手」

⒈2を読んでいただければわかると思います。絶対にうまくないといけないわけではない。それがアイドルの必須条件ではないってことです。だから下手かもしれないけどだからなんですか?伸びしろあるじゃないですかってことです。

「ぶりっ子が嫌い」

あーぶりっ子ですね、これもあるあるですね。このセリフに加えて、でもかわいくないよ(卑下)って言うんでしょうね。前提としていっておくと、ぶりっ子はそんなにいないと思います。でもキャラでぶりっ子をやるアイドルも一定数います。別にあなたが鼻に障るなら別に無理に好きになれとはいいません。別に僕自身がぶりっ子大好きとそういうわけでもありません。

 

でもこれだけは言っておきましょう。

あなたみたいなタイプが、ぶりっ子好きになるんですよねえ(笑)

ぶりっ子は天然の場合、キャラの場合ありますが、大抵キャラです。

 

そして前提として見失ってはいけないのは、アイドルは仕事であるという点です。だから彼女らは売れないと食べていけませんね。ぶりっ子は、アイドルの生存戦略のひとつです。だから面白いことに、ぶりっ子キャラのアイドルは頭がいいんです。だから高学歴とか多かったりします。調べてみてください。。 

「アイドルって口パクだよね」

そうですねえ、よくある定番の議論です。いや議論にさえなってないかな、まあどうでもいいや。口パクについては、僕はやってると思います。でも悪いことだとは思わない。それは口パクを歌が下手なのを隠してるわけじゃないと思ってるからです。

 

だって歌披露してる時あるじゃないですか。それで歌が下手とかいわれてるしアイドル側は別に下手に思われてもいいんです。何回も言ってますけど歌が上手いことがアイドルのアドバンテージではないんです。

 

アイドルが口パクするときは、大抵人数の関係上マイクを付けるのが短時間では困難である場合と、そもそも存在そのものの魅力を売る商売なので、その存在を知ってもらうための「営業」という面で音楽番組に出る意味合いがあると思います。

 

しかしもちろん口パクしないときもあるし、ファンは気づいてます。それは別に隠すことでもないと思ってます。

  

✳︎題名には論破という言葉を使いましたが論破が目的ではなく、よく聞くフレーズに対して、僕の意見を述べる記事です。

✳︎論破という言葉から文のロジックが通ってない、筋違いだと思われかと思いますが承知しておりますのでわざわざ指摘していただく必要はございません。

✳︎オタクへの意見に関しては、後日別記事にて取り上げる予定です。

 

 

本日も読んでいただきありがとうございます!!記事が良かった、面白かったと思っていただけたら嬉しいです。その際はSNS等でシェア、つぶやき、口コミなど広めていただけたら嬉しいです。それではまたお会いしましょう!!!